Entries

スポンサーサイト

クリスマス

お菓子の家を作って食べました。作る工程が楽しそうでしたね。...

獣の奏者

守り人シリーズが面白かったので、上橋 菜穂子のファンタジー小説「獣の奏者も読んでみました。闘蛇、王獣といった獣と人をテーマとした作品で、長編ファンタジー小説です。守り人シリーズもそうでしたが、読みやすいです。小学校高学年くらいから読めるんではないかな。大人でも楽しめると思うので、ファンタジー好きにはお勧めですね。獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)(2009/08/12)上橋 菜穂子商品詳細を見る...

プラチナデータ

う~ん、正直、暗めな作品かな。途中でなんとなく犯人わかっちゃいますね。逃亡劇をもっとリアルでスリルな展開にしてほしかったかなと。プラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る...

図書館戦争

なんとなく表紙が面白そうなのと、ネットで評判を聞いていたので、読んでみました。まあ、タイトルだけだと、図書館で戦争でもするのか?って感じでよくわからないですね(笑)まず、感じたのは、この設定はよくできているなと思いました。政治的要素、軍隊、図書とあって、ラブコメ要素もあります。メディア良化法、図書館の自由法とか出てきちゃうと、難しそうですが、この作品はすごく読みやすかったですね。まあ、本線は、ラブ...

Appendix

プロフィール

コウ

Author:コウ
只今、子育て真っ最中。
趣味:漫画(ワンピース)
   読書(ファンタジー、推理)
   スポーツ(サッカー、野球)
   旅行(日本各地)
年代:ドラゴンボール世代
出没地:那須

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  12  08  03  02  01  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

本棚

ランキング

↓応援クリックお願いします! ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。